聖書と歩む営業マンのblog

営業は大変な仕事だ。しかし聖書を読んで、売ることよりも仕えること、貰うよりも与えることを学ぶと、心が晴れる。

待ち望む

f:id:songchi0326:20211201202054j:image

その日、その時、わたしはダビデのために義の若枝を芽生えさせる。彼はこの地に公正と義を行う。


エレミヤ書33:15


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 
教会暦というキリスト教の暦があって、クリスマス前のこの時期は待降節(たいこうせつ)と言う。


クリスチャンになる前は、当然こんな言葉は知る由もなく、アドベントカレンダーアドベント待降節を示していることを知ったのもずいぶん後になってからであった。


さりとて、クリスチャンになっても待降節の意味を正しく理解していたか?といえば、そうではなかった。


二千年前に来られたイエスキリストの誕生を祝うクリスマスの前に置かれた、4週間の「待ち望む」期間くらいの認識しかなかった。


当然そんな薄っぺらなものではなかった。


「待ち望む」のは二千年前の追体験が目的ではない。イエスキリストが再び来られることを「待ち望む」のだ。



エスご自身の証言。


わたしが行って、あなたがたに場所を用意したら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしがいるところに、あなたがたもいるようにするためです。(ヨハネ14:3)


天使の証言。


そしてこう言った。「ガリラヤの人たち、どうして天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行くのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになります」(使徒1:11)


使徒ヨハネの証言。


見よ、その方は雲とともに来られる。すべての目が彼を見る。彼を突き刺した者たちさえも。地のすべての部族は彼のゆえに胸をたたいて悲しむ。しかり、アーメン。(ヨハネの黙示録1:7)


聖書を正しく読み解けば、イエスが再び来られることはそこかしこに記されている。



聖書で「その日」や「そのとき」は、と終末のときを表す。


再びイエスの証言。


そのとき人々は、人の子が雲のうちに、偉大な力と栄光とともに来るのを見るのです。(ルカ21:27)


今日の聖句にある「その日」「そのとき」も同じ意味である。


預言者エレミヤは、自分がいつのどのときのことを預言しているか分からないまま、神の御告げをそのまま記した。


しかし、イエスの初臨を経て現代に生きる私たちは、それが再臨のことを表していたと知ることができる。


エスは再び来る。完全なる正義をこの世界にもたらすために。私たちはそれを「待ち望む」のである。

 

神の報い

f:id:songchi0326:20211127082316j:image

わたし、主が心を探り、心の奥を試し、それぞれその生き方により、行いの実にしたがって報いる。


エレミヤ書 17:10


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


聖書には「報い」という言葉がよく出てくる。


一般に私たちが「報い」と聞くと、悪いことをしたときに与えられる報復とか罰という印象が強い。


けれど、辞書で調べてみると「善行や悪業の結果として得られるもの、または身に受けるもの」とある。
 
このように辞書では、良いことでも悪いことでも結果として与えられるものが報いだと、ちゃんと定義されている。
 
「果報は寝て待て」の果報は幸運の意味、つまり良い意味で使われている。この果報は、報いと同意である。
 
果報も報いも、言葉の感じから言って仏教語だろう。因果応報の応報もそうであるように。
 
聖書を日本語に訳すときに、日本人に馴染みのある言葉を使ったことでこうしたことが起きたのだろう。
 

 
今日の聖句では、神が私たちの行いに応じて報いる、とある。
 
良くも悪くも、である。
 
行いに応じて…これは誤解を招きかねない。注意が必要だ。


どういうことかと言うと、行いは目に見えるところでしかないからだ。氷山の一角、とも言える。


行いに応じた報いを得られるのであれば、目に見える行動だけ良くしていれば大丈夫だと勘違いしかねない。


でもそうではないのだ。
 
聖句の前半にあるように、神は、私たちの心を探る方、心の奥を試す方、なのである。


神は私たちの生き方を見ておられる。
 

 
前回も取り上げた、第一サムエル記15章の「人はうわべを見るが、主は心を見る」の通りである。
 
目に見える行動だけ良くしていても、そしてそれが誰の目にも素晴らしいと思えるものであっても、心が汚れていればそれなりの報いしか得られない。
 
どれだけ取り繕っても神は、私たちの心を見られる。
 
心の在り方が問われる。
 
いまの時代もまさにそうではないか。to Doからto Beの時代へ、何をすべきかよりもどうあるべきか、根本をえぐられる。
 
神の報い、それも報奨を得られるように、私たちは心を磨いていこう。

 

エイリアン

f:id:songchi0326:20211117182453j:image

あなたがたも、かつては悪い行いをして神から離れ、心の中で神に敵対していた。


‭‭コロサイ人への手紙‬ ‭1:21‬


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


日本語でエイリアンというと、おそらくほとんどの人が映画のエイリアンを想像して、おどろおどろしい地球外生命体を思い浮かべるだろう。


しかし、エイリアン(alien)は、単に外国人くらいの意味で、例えばアメリカでは、不法滞在者のことを、illegal alienと言う。
 
もう少しちゃんと調べると「異質な、相容れない、調和しない」といった意味がある。
 
どうして唐突にエイリアンの話をしたかというと、今日の聖句にある「神から離れ」の英訳が、alienated from God.とあったからである。
 
神を知る前の私たちは、神とは異質で、相容れず、調和しない存在だった。
 
そうなのか?
 
…残念ながらそうだ。
 

 
仮にクリスチャンファミリーに生まれたとして、物心つく前から教会に通い、意味も分からず賛美歌を歌い、見よう見まねでお祈りもしていたとする。
 
しかし、神を信じ心にイエスを迎え入れていないのであれば、形式的な、あるいは儀式的なクリスチャンに過ぎない。
 
傍目には清く正しく見えたとしても、神は心を見られる、ということだ。


alienated from God.なのである。
 
実に厳しい。
 
旧約聖書のサムエル記にもこう書いてある。
 
人はうわべを見るが、主は心を見る。(第一サムエル16:7)


「お天道さまが見ているよ」と小さい頃によく聞かされたが、感覚としては近いかもしれない。もっとも神は太陽をも創られた方だから、お天道さまレベルではないわけだが。


どんなに隠せたとしても、神は内側をしっかり見つめるのだ。



 
一方で、私のように無神論者の家庭に生まれ育った者、すなわち、日本の多くの人たちがそうであるように、クリスマス、からの除夜の鐘、からの初詣というティピカルな年末年始を過ごしている者にとっては、このような神の厳しさは相容れない。
 
そう、神から見たら、そんな私たちこそalienなのである。
 
心の中で神に敵対している者、なのだ。
 
しかし、神を知り、和解し、心を明け渡した今は、神に完全服従である。


今日の聖句の続きである22節を見てみよう。


今は、神が御子の肉のからだにおいて、その死によって、あなたがたをご自分と和解させてくださいました。あなたがたを聖なる者、傷のない者、責められるところのない者として御前に立たせるためです。


とある。


和解のための供えものこそイエスであり、なぜそこまでされるのかと言えば、私たちが、聖なる者、傷のない者、責められるところのない者となるためである。


神の論理はかくも深遠で真理なのだ。

 

 

とこしえの言葉

f:id:songchi0326:20211111071844j:image

草は枯れ、花はしぼむ。しかし、われわれの神の言葉はとこしえに変ることはない。


‭‭イザヤ書‬ ‭40:8‬


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


今春、庭に植えたベリーの木々がいっきに紅葉した。


植えてすぐに可憐な花が咲き、夏には小さな実が熟し、それをもいでヨーグルトに入れたり、ケーキに乗せたりして味わった。


娘から「収穫できる木がいい」、妻と私からは「紅葉する木がいいけどモミジは好きじゃない」と、それぞれのリクエストを満たすべくガーデナーさんが選んだのがベリーの木。


花と収穫を経てからの紅葉。昼間はまだ暖かいが、朝夕は上着が必要になってきた。ちょうどこのくらいの時期が紅葉のタイミングなんだと実感した。


しかも黄色ではなく紅いのだ。



こうして、庭の木々の変化を通して、自宅にいながら季節の移ろいを感じられるのは贅沢なことだと思う。


自然の営み、そこに神の創造主としての偉大な力を感じないわけにはいかない。
 
創世記1章にある天地創造を読みたくなる。


その第3日目には、こうある。


神は仰せられた。「地は植物を、種のできる草や、種の入った実を結ぶ果樹を、種類ごとに地の上に芽生えさせよ」すると、そのようになった。地は植物を、すなわち、種のできる草を種類ごとに、また種の入った実を結ぶ木を種類ごとに生じさせた。神はそれを良しと見られた。


神がこの世を創造されたという考え、創造論は、偶発的に種が多様化してきたという進化論とは正反対の思想である。


神が無からすべてを創られたこと、しかも言葉によって創られたこと。


学校で当たり前のように進化論を学んできた私たちには、受け入れるのが難しい。しかし、創造論を受け入れることなく聖書を読み進めることはできない。



永遠に変わることのない神が、変わりゆくものとして被造物を創られた。


興味深いではないか。


それは、変わりゆくものを通して、変わらない神の存在を知るためではないか。


今日のみことばを読み、創世記を読んで、そう思う。


変わらない神の存在は、私たちにとって大きな心の支えである。


そして、私たちもまた草木と同じように、青々と繁り、実を結び、紅葉し、枯れ、そして散っていく。


しかし、神の存在と神の言葉(これは同義である)はとこしえ、あぁ深遠なるかな。

 

 

憐れみのこと

f:id:songchi0326:20211111071154j:image

父がその子どもを憐れむように
主はおのれを恐れる者を憐れまれる。


‭‭詩篇‬ ‭103:13‬


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


あわれみ。
 
漢字だと「哀れみ」とも「憐れみ」とも書く。
 
聖書のあわれみはたいてい後者の「憐れみ」である。「哀れみ」は、気の毒とか心を痛めるとかの意味で、ややマイナスのイメージがある。
 
に対して「憐れみ」は、他者の抱えている悲しみや苦しみに対して深い同情を抱くことである。
 
次に、英語で見てみる。
 
英語だと “mercy”  “compassion”となる。
 
神の「憐れみ」は、mercyだと思っていた。上からの無条件で一方的なものだから。しかし、この聖句の英語を見るとcompassionであった。
 
接頭辞のcomは、company, companion, communityのように「一緒に」というwithの意味がある。
 
たしかに、漢字の意味からしても、悲しみに同情するのが「憐れみ」なのだから、compassionの方がしっくりくる。
 

 
それにしても、神が私たちを無条件に一方的に憐れんでくださるだけじゃなく、共感し同情してくださるとは。
 
許しが上からの権威的なものであるのに対して、赦しが共感や同情がベースであるのと同じ構造だ。
 
神は決して友だちみたいに馴れ馴れしくできるような存在ではないけれど、親しみをもって私たちに接してくださる。
 
このことを知ると、嬉しくなる。
 

 
今日の聖句の続き。
 
主はわれらの造られたさまを知り、われらの塵であることを覚えておられるからである。


とある。


建築家が自分の建てた建造物に誇りを持つように、工芸家が自分の作った工芸品に愛着を持つように、寿司職人が自分の握った寿司に自信を持つように、洋服の仕立屋が自分の仕立てた服に親しみを持つように…。


神もまたご自分が創られた私たちのことを覚えて、誇りを持ち、愛着を持ち、自信を持ち、親しみを持っている。


そして、憐れんでくださるのだ。


感謝しかない。

 

怒りの感情

f:id:songchi0326:20211027133821j:image

怒ることをやめ 憤りを捨てよ。
腹を立てるな。それはただ悪への道だ。


詩篇 37:8


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


悪の3タテ。


怒り、憤り、そして苛立ち。


こうして並べると、違いをちゃんと理解しておきたくなる。


怒り。誰から見ても腹を立てていることが分かる状態のこと。怒りの対象は何でもよい。


憤り。心の中で腹を立てること。外からは分からない。自己の正当性や一般常識が破られたときに使う。


苛立ち。思うようにいかないことや不快なことのために、気持ちが高ぶること。焦ってイライラすること。


見える見えないの観点からすれば、怒り>苛立ち>憤りとなるだろうか。


しかし、ネガティブな感情が最も大きいのは、憤りかもしれない。見えないがゆえに、マグマのように溜め込んでいるから。


聖書は言う。


怒るな、憤るな、苛立つな、と。それはただ悪への道だから、と。



怒りに我を忘れる、と言う。


自分を見失っているということは、それはつまり、自分ではない他の何かに自分を乗っ取られている、ということだ。


それは悪である。


サタンは、怒りや憤り、苛立ちといった強い感情を引き起こすことで、私たちが我を忘れるよう仕向ける。


私たちはそれにいとも簡単に屈する。


サタンの侵入を防ぐバリアなんてないから、あっという間に支配される。


分かっている、私たちは弱いって。


でも、だから、私たちには聖書が与えられている。そこには人間の弱さや脆さが生々しく描かれている。目を背けてはいけない。


そして、変わらぬ神の愛が溢れている。イエスという模範が示されているし、私たちの罪の身代わりになって死んでくださったことも書かれている。


死んで復活したイエスは、死を克服し永遠に生きる。信じ受け入れた私たちもまた、永遠のいのちを得る。


バリアにはならなくても、マントくらいにはなる。それで充分である。



とはいえ、イエスだって怒ったり憤ったりする。


弟子に対してだったり、敵であるパリサイ人に対してだったり、民衆に対してだって。


大切なのは、怒りの感情に巻き込まれない、支配されないってことかと思う。


難しいけどね。


アンガーコントロールなんて言うくらいだから。私も本を読んだが、理論で分かるのと、実際その場で実践するのとは違うし、難しい。


怒りって瞬間湯沸かしのごとく、待ったなしの一瞬でピークに来てしまうから。


もう祈るしかない。


そういえば、リーダーシップ論の課題で、映画を観てのレポートが出された。12 Angry Men(1957)、邦題は「12人の怒れる男」である。
 
三谷幸喜のパロディ版は観たことあるけど、オリジナルは実は観たことなかった。これはいい機会だ。
 
課題だから12人をマジメに分析しながらだし、リーダーシップがどう発揮されているかにも気を配りながらだから、のんびりとはいかないけど、でもきっと楽しめると思う。
 
怒りの観点からも眺めてみたい。戦後10年近く経った頃のアメリカの喧騒が、おそらく垣間見れるはずだから。

 

真実の愛

f:id:songchi0326:20211022074739j:image

たとえ山が移り、丘が動いても、わたしの真実の愛はあなたから移らず、わたしの平和の契約は動かない。──あなたを憐れむ方、主は言われる。


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


Led Zeppelinの初期の作品にThank Youという曲がある。
 
このみことばを読むと、Thank youの歌詞がほぼ反射的に出てくる。


If the sun refused to shine, I would still be loving you. 
太陽から輝きが失われでも、私は君を愛してるだろう
When mountains crumble to the sea, there will still be you and me. 
山々が海に砕け落ちても、君と私は一緒にいるはずだ


古典的なラブソングなんだけど、みことばに込められたのと同じ神への信頼が、この歌詞からも伝わってきてシンクロする。


歌詞にある私を「神」に、君を「あなた(つまり私たち)」と置き換えれば、イザヤ書に置いてもおかしくない。



神がイザヤを通して語らせたこのことばのなんと素晴らしいこと。


神自ら「わたしの真実の愛」と断言しているではないか。


真実の愛、英語では、Unfailing Loveである。Unfailing Love、あぁこのタイトルのいい曲もあるので紹介したいが、混乱するからやめておこう。


Unfailingって、尽きることがない、つまり無尽蔵で、誤りのない、そういう意味だ。


神の愛は、正しくて真実で、間違いなど1ミリもなくて、しかも命の水のように尽きることがない、と。


その神の愛が、私たちに注がれ、取り去られることはない、と。


この宣言に、私たち人間はただただ感謝し、従うのみである。



今から20年前、この神の愛を知り、触れ、感動し、受け入れる決意をした。


奔放に、刹那的に、快楽的に生きてきた自分を悔い改め、180度方向転換をして、生きていくと決めた。


それでも、罪の性質から逃れることはできず、何度も立ち止まり、立ち返り、その度に神によって励まされ、勇気づけられ、ここまで歩んできた。


最近流行りの表現に「もう○○しかない」ってある。それで言うなら、私の人生、もう感謝しかない。


神の愛を知らず、触れることもなく、感動もせず、受け入れることを拒んでいたとしたら、私の人生、どうなっていただろう。今もまだあの頃のように自堕落に生きていただろうか...想像できない。


今日は、イザヤ預言で神が語らせたUnfailing LoveとLed ZeppelinのThank youから、自分を振り返ってみた。


では、Thank youを聴こう。


https://youtu.be/12KbOAc8vmk