聖書と歩む営業マンのblog

営業は大変な仕事だ。しかし聖書を読んで、売ることよりも仕えること、貰うよりも与えることを学ぶと、心が晴れる。

子の訓練

f:id:songchi0326:20210224205405j:image

父たちよ。自分の子どもたちを怒らせてはいけません。むしろ、主の教育と訓戒によって育てなさい。


エペソ人への手紙 6:4


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


子どもを怒らせてはならない。神の教育を施しなさい、とある。


前半は分かる。


コロサイ人への手紙 3章に「父たちよ、子どもたちを苛立たせてはいけません。その子たちが意欲を失わないようにするためです」とある通りだ。


子どもを怒らせないために一番大切なことは、嘘をつかないこと、約束を破らないことだと思っている。


親子とはいえ、最も至近な人間関係であるから、そこで信用や信頼をなくせば、怒りから失望に変わるだろう。


後半が難しい。


神の教育、そして訓戒によって育てるとは、いったいどういうことか?


英訳を見てみると、bring them up in the training and instruction of the Lord とある。教育と訓戒と訳すから難しいのであって、これは神の訓練のことだ。


ヘブル人への手紙12章に「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子に、むちを加えられるのだから」とある。


つまり、神が私たちを訓練するように、私たちも子どもを訓練する、ということである。

 



ただ、訓練というと、いささか高圧的な印象がある。


誤解が生じないように、神の訓練のことをよく知っておかねばならない。神の訓練とは、愛を媒介にした試練であり、希望が約束されたものである。


「あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます」


と、コリント人への手紙 第一  10:13にある、この脱出の道こそが希望。


愛と希望のない訓練は、ただのイジメであり、拷問のようなものだ。



へブル人への手紙 12章の続きにこう書いてある。


「すべての訓練は、そのときは喜ばしいものではなく、かえって苦しく思われるものですが、後になると、これによって鍛えられた人々に、義という平安の実を結ばせます」


決して根性論ではない。鍛えることで得られるのは、忍耐だけではなく、平安の実なのだ。


とわかっていても、さて自分はどうだ?と問われると、思春期の娘との関係に悩む1人の父親でしかない。


世間的にも難しいと思われているだろう。


https://bookclub.kodansha.co.jp/title?code=1000034216
ついこんな本を買ってしまおうかと思ったりする。


しかし、今をどうやり過ごすかではなく、その先に何を見るか? そこに愛と希望はあるか? 平安の実を結んでほしいと願っているか?


それが大事だ。

サーバントリーダー

f:id:songchi0326:20210215230231j:image

エスは腰を下ろすと、十二人を呼んで言われた。「だれでも先頭に立ちたいと思う者は、皆の後になり、皆に仕える者になりなさい」


マルコの福音書 9:35


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


リーダーとリーダーシップ、違いがわかるだろうか。


運動会の選手宣誓でよく、スポーツマンシップにのっとり…なんて言う。このスポーツマンシップとスポーツマンはどう違うか。


フレンドとフレンドシップはどう違うか。


〜シップと、シップをつけると意味がガラッと変わる。シップは船のshipと同じか? 船と関連あるだろうか。こじつけて理解してみようか。


船は船でもカヌーみたいな1人用ではなく、少なくとも複数人を乗せるボートくらいのサイズをイメージしてみる。すると、とても1人では漕げないことが理解できる。メンバーで協力して漕がねば前に進めないことが分かる。


こじつけかもしれないが、船(ボート)での理解は意外にいいかもしれない。


フレンドシップの意味は友愛とか友情だし、スポーツマンシップの意味は対戦相手に対する敬意や思いやり。どちらも単独ではなし得ず、他者との関係性の上に成り立つものである。


ならば、リーダーシップもまたそうだろう。



リーダーって偉い人、逆らえない人、牽引力のある人、なんとなくそんな印象を持っていた。


ジャンヌダルクのように"Follow me"と旗を振って先導するようなリーダーこそリーダーシップがある人だ、と思ってきた。


現にスティーブ・ジョブズ本田宗一郎などのカリスマ経営者は、このようなリーダーシップを発揮している。


しかし、それだけじゃないことが分かってきた。


MBAの試験を週末に控え、ここ最近は経営学の本ばかり読んでいる。


なかでも学びたい分野は、組織論やリーダーシップ論。と、簡単に言うが、知れば知るほど奥が深く、理解も難しければ全体像の把握にもまだまだ程遠い。


学んでいると、リーダーシップは単にリーダー性や資質を指すのではなく、かと言って、単にカリスマ性や統率力だけを指すのでもなく、あくまで、他者に対する影響力であることが分かる。


影響力を及ぼすことのできる人が、リーダーシップがある人、である。



エスが弟子たちに言った「上に立ちたいのなら、しんがりの者になりなさい。仕える者になりなさい」は、リーダーシップの本質を突いていると思う。


影響力を及ぼすことができないリーダーは、リーダーシップがあるとは言えない。逆にリーダーシップを発揮することができれば、誰もがリーダーなのだ。


リーダーシップがある人はリーダーである、は真。でも逆に、リーダーならリーダーシップがある、は偽。


論理と命題みたいだ。


勘違いしてはならない。管理職として上に立っている役職上のリーダーであったとしても、必ずしもリーダーシップを持っているわけではないのだ。


エスが説いた「仕える者こそリーダーである」というリーダーシップは、サーバントリーダーシップと言われている。


カリスマだけがリーダーではない。サーバントとしてのリーダーもあっていい。二千年前、イエス自身がサーバントリーダーであったのだ。神に仕え、そして人に仕えた。


私は、それに倣う者でありたい。

 

フリー

f:id:songchi0326:20210210081440j:image

キリストは、自由を得させるために私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは堅く立って、再び奴隷のくびきを負わされないようにしなさい。


ガラテヤ人への手紙 5:1


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


マスク生活も、まもなく1年になろうとしている。


慣れたと言えば慣れたし、今でも慣れない気もする。息苦しいし、相手の表情が分かりにくいし、不自由だと思うことも多いが、そんなこと言っていられない。


日常生活を送るのに不自由に感じるマスクであるが、そのおかげでウイルス感染の脅威から身を守ることができている。


この意味において、私たちは危険から解放されており、フリー、つまり自由であると言える。


不自由だと思うことが、一方では自由である。このように、どちらから捉えるかによって、正反対の見方を得る。



10代の頃、家族と住んでいるのが窮屈で早く独りで暮らしたかった。さらに、学生でいることがイヤで早く社会に出て稼ぎたかった。このときの気持ちは、解き放たれたい、自由になりたい、であった。


しかし、手に入れたと思っていた自由は、結局は欲望のおもむくままに生きることであった。好き勝手に生きる自由は、罪の奴隷であった。


解放されたと思って飛んでいるが、実はケージの中を飛んでいるに過ぎなかった。


そう、ケージだった。cageには捕虜の意味もある。捕らわれの身であったのだ、あの頃の私は。


そこから出してくれたのが、キリストだった。



このガラテヤ人への手紙でパウロが書いたことは、パウロ自身の実体験から得た真理である。


ユダヤ教宗教学者としてキリストを迫害していたパウロが、キリストによって解き放たれ、キリストを伝える者へと変えられた。


同じように、罪の奴隷としてつながれたままの私も、キリストによって本当の自由を得た。


宗教は窮屈だと思っていた。宗教に頼る奴は軟弱だと思っていた。自分で生きる自信がない者が宗教にすがるのは格好悪いと思っていた。


けれど、それは間違いだった。


窮屈ではなく、むしろ解放だった。自分で生きていく自信がないと認めることは、実は自由を得るためのキーだった。


ケージから外に出られてよかった。

 

 


「フリー」が歌いたい。子ども向けだから、歌詞がストレートに入ってくる。https://youtu.be/UMoPm8WJwno

遥かなる神の思い

f:id:songchi0326:20210203153242j:image

天が地よりも高いように、わたしの道はあなたがたの道よりも高く、わたしの思いはあなたがたの思いよりも高い。


イザヤ書 55:9


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


天が地よりも高いって、誰もが知ってる自明のことだ。


なのに人は、天に近づこうと空高く目掛けて塔を積み上げて、神の怒りに触れる。有名なバベルの塔の話。


このとき人は、使用言語をバラバラにされ意思の疎通ができなくなったことが理由で、塔の建築を断念する。


人と人がチームとして機能するためには、共通言語が必要であることのいい教訓である。これは、あとがきのハイキュー‼︎ ともリンクする。


天に近づこうとするのは、それでもまだ可愛い。人の欲とは恐ろしいもので、天に、つまり神に近づくことを求めるばかりか、自らが神になろうとさえする。


神は全知全能であり、この世のすべてを創造した方、それに自分がなろうとする。愚かだと思うが、歴史を遡ればそのような人は確実に存在している。


為政者や独裁者と呼ばれる人たちは、自ら神であるかのように振る舞い、そして神を崇めるように自らを拝むよう強いるものだ。



何か特別なことに長けた人を「神〜!」って言ってみたり、「神対応」とか「神ってる」とか言ったりする。


神の名をみだりに唱えてはならない…十戒の戒めが虚しくなるくらい、簡単に神扱いする。ちょっと何かに秀でているだけで、神だ!と言って一目置かれたりする。


しかし、別に為政者や独裁者でなくても、私たちだって何でもできるオールマイティになりたい思いはある。神になろうなんて大それたことは考えなくても、全能であることへの憧れはある。


そんな思いをくじくような今日の聖句。


私たちが神のように高く上がりたいと思っても、その理解を遥かに超えるレベルで神が存在すること。私たちの思いを超えたところに、神の思いがあること。


欲にまみれた思いをガツンと正してくれる。



神は、私たちが何かをしたから憐んでくれるのでもなく、私たちが何かを施したから恵んでくれるのでもない。


聖書を読めば、え、この人が神に愛されるのか?と、私たちが思うような人が、神に憐れまれ神の恵みを受けている。


例えば、聖書上で偉大なものとして描かれている信仰の父アブラハム、偉大な預言者モーセイスラエルの王ダビデ、このような人たちでさえ、神の前に立つことができないほどの、驚くような過ちを犯している。


少なくとも神は、私たちが完ぺきになることを求めているのではないことが分かる。


私たちは完べきになれば、神に喜ばれると思ってしまうし、それを目標にしてしまう。しかし、神の思いはそれとは違うのだ。


神は、自分がどうであるかなど気にせず、そのままご自身に近づいてくる人に、ただ恵みを施しているのである。自分がどれだけきちんとしているか、という基準ではない。


神はただ私たちに良くしたい、その心をそのまま受け取る人にご自身の恵みを示されたいのである。


そのまま、神さまの懐に飛び込もう。

 

何者かである

f:id:songchi0326:20210127110720j:image

だれかが、何者でもないのに、自分を何者かであるように思うなら、自分自身を欺いているのです。


ガラテヤ人への手紙 6:3


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


ひとかどの人物。


「他の人と比べて極めて優れている人」のこと。


野心を持って、いつかひとかどの人物になりたい! とか、目上の人から、いつかあなたもひとかどの人物になりなさい! とか、そうやって使う。


今日の聖句にある「自分を何者かであるように思う」とは、自分で「自分をひとかどの人物と思う」ことである。


これ、自惚れ以外の何者でもない。



けれど、私たちは案外、「自分をひとかどの人間と思う」性質があるものだ。


体力が人より優れていて、人より速く走れる、人より高く飛べる、そうすると誇らしい気持ちになる。


能力が人より優れていて、人よりテストでいい点数を取る、人よりいい高校や大学に合格する、そうすると誇らしい気持ちになる。


財力が人より優れていて、人よりいい洋服を着ている、人よりいいクルマに乗っている、そうすると誇らしい気持ちになる。


偽らざる私たちのリアルな感情、生々しい、剥き出しの感情である。


こうして他の人と比較して、自分の優位を実感し、自分を何者であるかのように思う。


勘違いも甚だしい。


自分自身を欺いている、その通りだ。



この短い聖句は、「何者でもない」「自分を何者かであるように思う」「自分自身を欺いている」と、3つに分解できる。


まずもって大切なことは、私たちは「何者でもない」存在であると認識することである。


私たちは、神に創られたもの。アダムが土(アダマ)から創られ、やがて塵に帰ると言われたように、私たちは土塊(つちくれ)に過ぎない。


だから、人と比べて自分が優れていると自惚れたり、逆に、劣っていると卑下したりする必要はないのだ。その資格がない、というべきか…。


創られた私という土塊は、神にとっては、他の誰とも置き換えることのできない唯一の存在。


自分では「何者でもない」と認識しているが、神にとっては、私たち一人ひとりが「何者かである」存在。


そのことに目を向けたい。

立っている

f:id:songchi0326:20210120122602j:image

しかし、このことのために、わたしはあなたを立てておいた。わたしの力をあなたに示すため、そうして、わたしの名を全地に知らしめるためである。


出エジプト記 9:16


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


聖書を正しく理解するためには、歴史的背景や前後の文脈を抑えなければならない。


が、今回は歴史や文脈を意識しつつ、この聖句を自分に引き寄せて捉えることにする。これこそ適用なのだから、アプローチとしては間違っていないわけで。


聖句にある「わたし」とは神のこと、「あなた」は、文脈では裁きを受けるエジプト人のこと。いや、突き詰めるとエジプト王ファラオのこと。


神がエジプト人(ファラオ)にくだした裁き(十の災い)は、神の力を示すため、神の名を全地に知らしめるため、という意味である。


神がエジプト人を裁いたのは、神の計画の一部であるのだが、裁きとは真逆に、イスラエル人を特別に祝福したり、イスラエルを通して世界の人たちが救われるのもまた神の計画である。


ここで、「あなた」を「自分(私)」と置き換えてみる。



今日の聖句はこうなる。


「神が私を立てておいたのは、神の力を私に示すため、そうして、神の名を全地に知らしめるためである」


こうすると、神のエジプト人に対するメッセージが、他人事ではなく、自分事として迫ってくる。


神の名を知らしめ、神の力を示す、その目的のために私がいる、と。


これってとんでもなく凄いことだ。


自分の存在意義、どうして自分が今ここにいるのか? その理由がハッキリ示されるからだ。


それは神の無条件で一方的な恵みであるし、そしてそれは裏返せば、神を知り神を信じる者に課せられた使命がある、ということになる。


その使命は、神の名を知らしめ、神の力を示すこと、つまり、私の生き方を通して、神を証しすることである。


神を証しするときのイラストレーションは、高い山の上に1人で立っている力強い自分のイメージである。



You raise me up という私の大好きな賛美がある。


ケルティックウーマンのによる歌が有名で、トリノ五輪で金メダリストの荒川静香が、この曲で氷上を優雅に滑っている姿が記憶に残っている。


この曲のサビが、今日の聖句、そして私のイメージとリンクして迫ってくる。


You raise me up, so I can stand on mountains
(あなたは私を起き上がらせてくれる、だから山の上にだって立てる)
 
You raise me up to walk on stormy seas
(あなたが私を起き上がらせてくれるから、嵐の海の上も歩ける)
 
I am strong when I am on your shoulders
(私は強くなれる、あなたの支えがあるとき)
 
You raise me up to more than I can be
(あなたは私を起き上がらせてくれる、私が思っている以上に)


そう、I raise myself. ではなくて、Lord, YOU raise me up! なのである。


神の計画の成就のほんの小さな断片に、私は置かれている。壮大なパズルの1ピースとして、確実に必要とされている。生かされている理由が、ちゃんとある。

頼れるもの

f:id:songchi0326:20210113155329j:image

神はわれらの避け所、また力。
苦しむとき、そこにある強き助け。
それゆえ、われらは恐れない。


詩篇 46:1-2a


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+


再び緊急事態宣言が出された。


全国ではなく一都三県限定、学校は休校にはならず、主に飲食店の夜間の営業が制限された。不要不急の外出の自粛や、在宅勤務も奨励されているが、それらがどれほどの効力があるか定かではない。


しかし、だからといって、何の対策も講じない訳にはいかず、国や地域や会社が指示するしないに関わらず、個人レベルで最大限の感染予防に努めるのみである。


世界に目を向けると、既に8000万人近くの命が失われていると言う。実に、国1つ分、ちょうどドイツの総人口分に当たる。驚愕する。


このままいくと、100年前のスペイン風邪を超えるかもしれない。スペイン風邪は、第一次世界大戦でヨーロッパでの人の往来が激化したことに起因する(と個人的には考えている)が、現代の人の往来はそのときの比ではないから、感染の拡大スピードも速く、範囲も広い。


さらに、変異種が新たなリスクになっていて、すでに都内でも発見されたと聞く。国内の経済活動は、一層冷え込むことになるだろう。



このような状況で、クリスチャンとして、神を信じる者として、どう対処したらいいのか。


祈りの力をただ信じて、1日も早い事態の収束を、ワクチンの開発と接種を、罹患した方々の治療を望むのみである。


祈ることは容易いか?


実は難しいかもしれない。神を知らぬ者が、祈りますと言うとき、いったい何に(誰に)祈りを捧げているのだろう。


いや、クリスチャンとて、苦難の中にあるとき、祈りの対象は神であっても、どう祈ればいいか分からなくなるものだ。


そんなときはやはり詩篇に限る。


祈りの言葉は、私たちと同じように悩み苦しんだダビデが綴った詩篇に数多く収録されている。



今日取り上げたのも、その1つ。


神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある強き助け。それゆえ、われらは恐れない。


神はいる。たしかにいる。


神を信じ、神に頼る。


悩めるとき、苦しむとき、悲しむとき、恐れるとき。神は、私たちとともにいる。


祈りを合わせて、重ねて、繋げて、そうして希望の明日を待ち望むのがいい。


同じ詩篇にこんなことばもある。


「夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある」


朝の来ない夜はないのだ。


「わが神、わが主よ」を賛美したい。


礼拝で何度か演奏したことがあるが、シンプルでとてもいい曲である。今日のみことばともピッタリだ。


https://youtu.be/RPjb9S4rLZ0


あなたはわが盾、わが歌、わが砦
平和の君、力の神、永遠の父
わが神、わが主よ
わか神、わが主よ